幼稚園
幼稚園

園長メッセージ

田園調布雙葉小学校附属幼稚園 園長
山下 徹

  当学園は、1666年にフランスに生まれた教育に専念する女子修道会「幼きイエス会」を母体として1941年に設立されました。修道会の創設者福者ニコラ・バレ神父は、「教育は、立派な教会を建てたり、祭壇を美しく飾ったりすることよりも、もっと素晴らしいことです。何故なら子供たちの心の中に「生きている神の住居」を造ることです」との信念を持っていました。このため、当時の困難な状況の中、若い女性たちの協力も得て、こども達が、イエス様に見守られながら、一人の女性として自立し、良き母親になれるよう「知的・道徳的・宗教的教育」の機会を作ることに努力されました。その思いは350年以上に亘って脈々と引き継がれ、「徳においては純真に、義務においては堅実に」という世界の姉妹校共通の校訓として、私たちの学園の中に今でも息づいています。
 当学園の教育の基本は、キリスト教の価値観に基づく人間形成です。幼稚園から高校までの一貫教育の良さを生かすべく園児・児童・生徒の成長段階に応じた教育を行う事で、ひとり一人のこどもが自らの使命に気付き、地球社会の一員としての自覚を持って、自分の能力を他の人々の幸せのために使う人になっていくことを目指しています。
 その中で、幼稚園は14年間の一貫教育の最初の2年間を担う大切な場所であり、田園調布雙葉学園が目指す人間形成の土台を作るところであります。
 このため、幼少期に習得すべきこと、また、幼少期にしか習得できないことを中心に保育を行い、次のような子供に育てることに、長年心を砕いてきております。
・祈る心を持つこども
・心のあたたかいこども
・自分を素直に表現できるこども
・意欲のあるこども
・考えられるこども
また、日頃の保育の中では、以下の二つの働きかけ、呼びかけを大切にしています。
「二つの耳と心の耳で聞くこと」
「いっぱい遊ぶこと」
 キリスト教の普遍的な価値観のもと、こども達に寄り添い丁寧で愛情あふれる保育を心掛けていつの間にか70年以上の月日が経ちました。
 これからも緑に囲まれた環境の中で、保護者の皆様とともに、未来を担うこども達をのびのびと育てていきたいと考えております。 

受験をお考えの方  |  在校生・保護者の方  |  卒業生の方
学園について   |   幼稚園   |   小学校   |   中学高等学校