HOME 中学高等学校 教育の願い

教育の願い

 
 
 
  人格形成にとって、 特に重要な意味を持つ
  中学・高校生時代は、
 
 



 さまざまな「出会いとかかわり」を通して、
 葛藤や助け合いを経験しながら
  友情を深め、
  自己の存在の意味に目覚め、
    自律と自立への道を歩んでいく。

 教科活動、生徒会活動、行事、愛徳活動、
 部活動等を通して、
  共に学びあえるよろこびや自分を鍛える大切さを知り、
  受けた能力を十分に伸ばし
    自分に適した進路を選択していく。
 
    自分の周囲から始めて、世界へ目を開き、
地球社会の一員としての自覚を持って、
自分の能力を他の人々の幸せのために使う人になっていく。